受験申し込み

個人- 受験申し込みについて -



◆通常は、こちらの<個人申込>(個人受験)となります。
◆<団体申込>(団体受験)に関しては、団体申し込みページ をご覧下さい。
個人受験(願書)  特約書店


■受験資格: 制限ありません■(どなたでも受験することができます)

<個人申込>(個人受験)とは、通常の受験スタイルであり受験者が個人で直接、受験の申込を行い、受験
者ご希望の「公開試験会場」で受験する申込方法をいいます。

■ご注意!!
ただし「薬学検定」の3級または4級を受験される方は、(試験時刻が重なるため)「の薬検」を受験することができません。また逆に、「の薬検」を受験される方は、(試験時刻が重なるため)「薬学検定」の3級または4級を受験することができません。
※「の薬検」と、「薬学検定」の1級または2級は併願可能です。
(「の薬検」と「薬学検定」は、同日・同会場で開催されます)

■「薬学検定」と併願が可能な組み合わせ
「薬学検定1級」(午後)+「食の薬学検定」(午前中)または、
「薬学検定2級」(午後)+「食の薬学検定」(午前中)のみと
なります。


(1) 試験会場エリア

東京・名古屋・大阪・福岡・札幌・仙台の6都市


(2)受験料<個人申込>

東京・名古屋・大阪・福岡・札幌・仙台の6都市

※一度入金された受験料は、いかなる理由でも返金できません。
 また次の試験に振り替えることもできません。
※申込み後の受験級の変更は一切できないのでご注意下さい。


(3) 受験料の納付(入金)口座

<郵便局から>
口座番号: 00900−3−148255  
口座名義: 薬学検定事務局

< 銀行から >
銀 行 名 : 三菱UFJ銀行 甲子園支店
口座番号: (普)4645130
口座名義: トクヒ)ニホンセルフケアシエンヤクザイシセンター(又は、薬学検定事務局)

※ 納付(ご入金)は、郵便局・銀行のATM(機械)や窓口で承っています。
※ 「薬学検定」の受験料と、「食の薬学検定」、「美容薬学検定」の受験料を合算して納付して頂いても構いません。


(4) 個人申込方法

A. 特約書店の窓口でお支払
@ 「受験願書」(こちらからダウンロード可)に必要事項を記入する。
A 記入後、その願書を特約書店の窓口で受験料の支払を済ませ、
  受付印が押された願書を検定事務局に郵送する(ポストに投函)。
※なお「受験要項」(願書付き)を設置している全ての店舗で受験申込が出来るとは限りません。
 予めご了承下さい。

B. 郵便振替または銀行振込でお支払い
@ 「受験願書」(こちらからダウンロード可)に必要事項を記入する。
A 「郵便振替用紙」または「銀行振込用紙」を使って、郵便局あるいは銀行
  (いずれの銀行でも可) から、検定事務局の指定口座に受験料を入金する。
B 入金時に受け取った振込用紙の「受付証明書」または 「受領証」(コピー)のいずれか1つを「受験願書」に貼る。(いずれか1つ)

C 「受験願書」(受付証明書または受領証(コピー)等を貼ったもの)を、封書で検定事務局に郵送する。

※「薬学検定」と「食の薬学検定」の願書を一緒に(同封して)郵送して頂いても構いません。
〒088−3293  北海道てしかが町 45西100
薬学検定事務局 まで


(5)願書受付期間

A. 特約書店の窓口でお支払
@ 「受験願書」(こちらからダウンロード可)に必要事項を記入する。
A 記入後、その願書を特約書店の窓口で受験料の支払を済ませ、
  受付印が押された願書を検定事務局に郵送する(ポストに投函)。
※なお「受験要項」(願書付き)を設置している全ての店舗で受験申込が出来るとは限りません。
 予めご了承下さい。

受付期間の最終日が土曜・日曜の場合は、翌月曜日の消印有効

■ご注意!!
・検定試験日は、その年によって若干異なることがあります。
・なお試験日が若干変わっても願書受付期間は変わりません。


(6)受験票の発送

受験票および試験会場の案内図は、受験日の1〜2週間前に発送いたします。

▲ページのトップへ