本文へスキップ

○○町の○○○科クリニック。薬学検定試験(在宅受験型)


<在宅受験型の受験資格>
  



受験資格(受験制限)は特にありません。どなたでも受験することができます。

ただ、年2回実施している試験会場(全国6都市)での解答は5択式(5肢選択式)ですが、在宅受験での解答の多くは記述式です。記述式が苦手な方は、年に2回実施しています試験会場での試験(5肢選択式)をお選び下さい。



また、受験申込み(出願)はパソコン(PC)やスマホを使ってオンライン(インターネット)での受験申込みとなりますので、パソコン(PC)やスマホをお持ちで、基本的な操作ができる必要があります。
※在宅受験のお申込み(出願・受験料納付)は特約書店などインターネット以外からはできません。


<在宅受験型の受験スタイル>

ご自宅で受験できる“在宅(自宅)受験スタイル”となります。




年2回実施している試験会場(全国6都市)での試験は5択式(5肢選択式)ですが、在宅受験型での解答の多くは記述式(手書きに限る。ワープロは不可)です。

解答(答案)用紙の提出までの流れ




在宅受験型では、お持ちのテキストや参考書、問題集あるいはインターネット(WEBページ)など、いかなる書籍やテキスト、その他の媒体をご覧になって解答を進めて頂いて結構です。ただし、必ず受験者お一人で(自力で)記述解答を進めてください。



※ 他人・第三者が解答用紙に書き込むことはできません。お一人(自力)で解答することをお約束する「誓約書」を解答用紙と一緒に提出して頂きます。
(※誓約書は、試験資材と一緒にご自宅に郵送致します)

※ お申込み月の末日までに解答(答案)用紙をポストに投函して下さい。月末日までにポストに投函した形跡がない場合は自動的に不合格となりますので、ご注意下さい。